ハピミラ秘密基地

虐待体験・毒親漫画サイト「お気楽パラダイス」の管理人が、しれっと更新するライフログ。

お決まりの会話。

 

【Lesbian4コマ漫画】女2人のお気楽パラダイス365日

で、お馴染みの

ハピ子の毒親ミラ子の虐待シリーズ。

 

2人とも、

この件があって今があるので…

こんな会話になったりします。

f:id:hapimira:20160802063453j:plain

今年もお盆がやってくる!

って…ことは…

実家に行かねばならぬということ。

私一人ならロクデナシ親父のいる実家には行かない。

けれど…

ミラちゃんが行きたがるのよ、実家に。

 

ミ『お父さんに電話しよう』

ハ『…』

ミ『お盆に行きますって、今から言っておかなきゃ』

ハ『…』

ミ『アレ?電話でないなあ』

ハ『○んだんじゃない?』

ミ『出かけてるのかな』

ハ『○んだんだよ』

ミ『こんなに鳴らしてもでない』

ハ『○んでるんだって』

ミ『それ、ハピちゃんの願望でしょ?』

ハ『うん。そう。』

ミ『お父さん元気だから』

ハ『小さいころから願ってるけど、○なない』

ミ『ハピちゃんのお父さんサイボーグだもん』

ハ『奴の存在は酸素の無駄』

 

小学校のいつ頃からだったかなあ。

『アイツが○んだらパーティーする!!』

って言ってたの。

 

あの毒親に唯一の救いがあるとするなら、

自分がナゼ嫌われているか

少しは自覚してること。

まあ、ミリ単位だけどね。

 

ミラちゃんの虐待親なんか自覚ないから。

救いようがない!!

 

自覚があろうがなかろうが

反省しようがしまいが

やってきた過去は変わらないけれども。

 

ミラちゃんが実家に電話して

ロクデナシが電話に出ないたびに…

『ついに○んだか!』

って思うの。

 

つーワケで、

お盆は日帰りすることになりました。

 

あーあ(笑)

 

↓こちらの漫画ブログもよろしくお願いします。

広告を非表示にする